司法書士試験について有益だったり無駄だったり色々な情報を提供するブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

困った時の・・・
2010年12月02日 (木) | 編集 |
先週から、ブラウザをIEからgoogl echromeに変えたのですが、全然使いこなせないっス・・・。
確かに、早くはなってるんですが・・・。
道具が良くても使い手がダメだと・・宝の持ち腐れですね(--〆)


仕事上はオンライン申請システム、登記情報システムがIEにしか対応していないのでIEのままですが・・
慣れている分、こちらの方が円滑です。


そろそろ、本試験に向けての答練が始まりますね。
と、同時に、情報集約ツールを作成していかないといけない時期でもあります。


情報集約ツールは、4月からの直前期にひたすら回すためのものなので、詳細な解説や長文がかかれているものではなく、整理された「論点集」がベストかと、個人的には思っています。
ちなみに、僕が猫チェを作成したのは1月くらいからでして、4月頃からは直チェと共にひたすら回していました。


そういえば、今回担当する講座はうまくいけばシリーズ化する予定ですが・・・・
レジュメは猫チェを使用します。
が・・・・


猫チェは直チェを使用する事が前提なので、直チェと重複する論点はすべて除外しているため、直チェに関する論点も盛り込まないといけないという・・・これが一番時間がかかりました。



記述式に関する記事の続きを書かせていただこうかとも思っていたのですが・・・


答練シーズンということで・・・・


猫吉答練でどうでしょう(笑)

今回は、不動産登記法です。


第三者の許可・同意・承諾を証する情報に関する次のアからオまでの記述のうち、誤っているのものを組み合わせたものとして正しいものはどれか。


(ア) 代表取締役を同じくする甲・乙両会社の間で、「年月日共有物分割」を原因とする甲会社持分を乙会社に移転する持分移転登記の申請書には、甲会社の取締役会議事録を添付しなければならないが、乙会社の取締役会議事録の添付は不要である。


(イ) 代表取締役を同じくする甲・乙両会社の間で、「年月日持分放棄」を原因とする甲会社持分を乙会社移転する持分移転登記の申請書には、甲会社の取締役会議事録を添付しなければならないが、乙会社の取締役会議事録の添付は不要である。


(ウ) 債権者である会社から、当該会社の取締役個人が金銭を借り受け、当該取締役の所有に係る不動産を目的として設定登記をした抵当権について、「弁済」を原因として抹消登記を申請する場合には、取締役会議事録の添付は不要であるが、「解除」を原因として抹消登記を申請する場合には、取締役会議事録の添付を要する。


(エ) 甲株式会社を設定者、甲株式会社と代表取締役を同じくする乙株式会社を抵当権者とする抵当権設定仮登記がされている場合において、「解除」を原因として当該仮登記の抹消を申請する場合には、乙株式会社の取締役会議事録の添付を要する。


(オ) 甲特例有限会社(代表取締役A)を抵当権者、Aを債務者権設定者とする保証委託契約に基づく求償債権を担保するための抵当権設定登記について「年月日主債務消滅」を原因として当該抵当権を抹消する場合には、株主総会議事録の添付を要する。


 1 アエ  2 アオ  3 イウ  4 イオ  5 エオ





以前、質問を頂いていたのですが、猫吉答練の問題の作成方法は、

①猫チェのデータファイルからコピペする。
②問題に不要な「⇒」や「⇔」マークを消す。
③各論点の結論だけ変更する。

以上です。
(手抜きとか、手抜きとか、あと・・手抜きとか、そんな事ないですよ・・)


基本的に、1つの論点を掲げておいて、あとはひたすら類似論点を「⇒」や「⇔」を用いて羅列しているので、ネタ本としては最適です。試験委員の先生!どうでしょうか(笑)


と、まぁ冗談はさておき、ふるってご参加ください!
みなさまの解答受け付け中です(笑)


目指せ!全肢クリア・・・・



*・゚(n‘∀‘)η゚・*


にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
記述式について
2010年11月29日 (月) | 編集 |
久しぶりの更新です(^◇^)
テキスト作成・・・結構時間かかります((+_+))

もともと、猫チェは配布用として約8割型完成していたのですが、今回の講座のコンセプトは・・


「過去問知識の比較整理・抽出される未出論点の習得」


というものなので、結構大幅に並べ替えが必要になってまして・・・・
しかも過去問番号を事細かに記載しているので結構大変です(@_@;)
(そんなに受講される方がいらっしゃるのか・・・という根本的な問題もありますが・・)



はい、そんなわけで今日のお題は「記述式について」です。
(強引すぎるとか、全然関連ないやんとか、そういうのはスルーする方向で・・・お願いします)


前に猫吉日記の方で、記述式について偉そうに書いていました。
こんな記事です。


今年の本試験、僕は合格発表直前まで、記述式の足切りを心配していました。゚(゚´Д`゚)゚。


結果としては、70点満点中、52点(不動産30点、商業22点)でした。


基準点が37.5点なので、僕の心配は杞憂に終わったのですが・・


本気で基準点割れを心配した約3か月間、本当にいろんなことを考えました。
考えすぎて、某予備校の記述式の解析講座まで受講したほどです(`・ω・´)


あんなに普段からの記述式に対する意識、勉強法の甘さを痛感し、後悔した事は無かったです。


そして、そんな僕が今思う、本試験の記述式対策として日々やっておくべき事をつらつらと吐き出したいと思います。
(これは、僕が合格発表までの間、後悔した事の羅列でもあります。)

また、自分が来年本試験に本気で挑むとしたら、どう対策を取っていくか、という事のまとめでもあります。


来年受験される方の参考になればいいなぁ・・・と、淡い期待を込めつつ・・(´Д`)



1.4月までの勉強編


司法書士試験対策、と言う時、その大部分は択一式対策を指します。
択一の基準点を超えない限り、記述式の採点は無いわけですから当然ですね(^_^;)

また、基準点を超えただけでは総合点で落とされる可能性も「大」なわけで・・・


択一式対策に時間を費やすのは間違えてないです。
(と、いうか、大正解だと思います。)


僕の感覚では、仮に受験勉強の時間を10としたら、受験期間を総合して7~8くらいは択一に注いでも良いのでは、と思ってます。


つまり、記述式対策としては全勉強時間の2割から3割程度で良いと(`・ω・´)


ただ、記述式対策をやるときは、本当に、きめ細かにやる。
不安な論点があるからと言って、択一式の知識が足らないから~  と、逃げない。

目の前にある記述式にその時の全エネルギーを注ぐべきかなぁと思います。


楽をしてはいけない、という意味ではないのです。

問題を解いていて、結構考えても分からない(10分くらいが限度かと思います。)、雛型がどうしても思い出せない。

そんな時はさっさと答えなり雛型集を見て、とにかくその問題を解き切る。

そのあとに、何故解けなかったのか、何故、雛型を覚えていなかったのか、を徹底的に分析し、反省する。
場合によっては反省ノートに書いておく。(一言二言で良いかと思います。きれいなまとめノートは、不要かなぁと思ってます)


だいたい、4月くらいまではこんな感じで良いかなぁと思います(´∀`)



2.4月~本試験編


4月からは答練や模試を含め、本試験レベルの問題を解くことが多いと思います。

僕が本気で思ったのが、この時期大切だと思うのは、


「記述式を解いている時ではなく、むしろ解き終わった後が大切」


と言う事です。

もちろん、解きなれる、と言う事は大切なんですが、練習した問題通りの問題は本試験でまず出ないので・・


解き終わった後、模範解答を見て答え合わせをして、解説を読み、分からなかった論点をノート等にまとめる・・


僕は問題を解いた後はこんな感じでした。
今思うと、大バカ野郎でした( ゚д゚ )


問題を解き終わった後は、ぜひ、答え合わせではなく、きっちり採点をするべきだったと、後悔しています。



※答え合わせ=甘い採点という意味合いで使ってます・・変な日本語ですみません。゚(゚´Д`゚)゚。



今年の僕の例で言うと、試験終了後発表された模範解答で僕は最初、答え合わせをしていました。

そうすると、58~60点くらいになるんですね。


が、択一の点数が結構高得点だったと分かるや否や、不安になり、採点に切り替わりました。


そうすると、以前記事にも書きましたとおり、42点。
正直、この採点はやり過ぎでしたが、普段の記述式を解く際はこれくらい厳しい意識で問題を解くべきかなぁと思いました。


僕が添付書類の書き方一つをこんなに意識したのは恥ずかしながら本試験終了後になってからです。
(実務ではすご~く緩やかに解されてますので、これから実務をされる方は軽くカルチャーショックを受けるかもしれません 笑)



よく、


「本試験では不可解採点がされ、自己採点よりも大幅に減点された」


とか、


「模範解答によると余裕で基準点を突破していたのに実際の点数は基準点割れだった・・」



と言う事が噂されますが、僕が思うに、おそらく気づくべき箇所に気づかなかった、気付かない細かな減点が積み重なっていた・・・と言う事が原因ではないかと思ってます(´・ω・`)




減点の種類には2つあると考えています。


① 論点が分らなかった、間違えたことによる減点

② 論点は分ったけど、記載方法を間違えたり、字の汚さ・誤字による減点


仮に、1箇所間違えたとして、減点幅として大きいのは間違いなく①の方です。
①の減点がなされる場合というのは知識が足りない事によってそもそも解答が不能な場合、注意不足により前提登記を見逃した場合などが考えられます。


こう言った減点は下手をすると記述式の基準点割れに繋がる、致命的なミスである場合が多いです。
それは、記述式の問題と言うのは、1か所を間違えたら連鎖的に他の場所も減点される可能性が高いことからです。


①の間違いを絶対にしてはいけない・・が理想だとは思いますが、記述式については限られた中での勉強に加え、本試験での緊張感から、理想どおりにはいかないことの方が多いと思います。


本試験中に、午前の部、午後の部択一が手ごたえとして30超えたと感じている場合、記述式を解くのが急に怖くなります。ここまで択一式がうまく行っている。でも、記述式でこけたらアウト・・・この緊迫感は本当にスゴいです。心臓がバクバクしてました・・・(僕だけかな?)


では、どうするか。


こんな事をこれから3日間に分けて書かせていただきたいと思います<(_ _)>
ひっぱります・・えぇ。


*・゚(n‘∀‘)η゚・*


にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
いろいろ整理したりする講座
2010年11月24日 (水) | 編集 |
前からちらちらと書いていましたが、近々、某予備校で以下の講座を担当させていただくことになりましたので、ご報告いたします(^◇^)


【タイトル】
登記法完全整理講座(不動産登記法総論編)


【サブタイトル】
基礎知識を横断的に比較・整理し、登記法で高得点を獲得する!


【講座内容】
よく、「本試験の問題は過去問の焼き直しの問題が多い」と言われます。過去問を何回も回し、過去問が解けるにも関わらず、本試験で得点できない。原因は2つあります。

①過去問を解けるだけで、理解していないため、応用が利かない。
②過去問を点として捉え、比較・整理ができていないため、出題形式に対応できない。

本講座では、①の対策として過去問から導き出される派生論点を示し、比較すことにより、過去問の理解を深め応用力を養い、②の対策として、出題形式に関わらず正解を導き出せるように過去問の知識を横断的に比較・整理し、提供致します。 また、過去問から導き出される論点を多数示しますので、未出の論点に対しても、的を得た(本試験対策としてブレない)対策をすることができます。


【講座のポイント】
・不動産登記法のうち、出題数が多いにもかかわらず、特化した対策が取りにくい総論部分を徹底攻略する。
・過去問から導き出される論点を網羅的にマスターすることで、択一式の得点アップのみならず、記述式の底上げを図る。





と、ブログに書いていたことをそのまんま貼り付けたような講座内容です(笑)


ある程度人気があるようなら、シリーズ化もありうるかも・・・らしいです。


次は是非とも会社法をやらせていただきたいなぁと思ってます(^-^)



んで、今上記講座のテキスト作りの最終チェック段階(と、言っても猫チェをカスタマイズしただけという(――〆))なのですが・・・
ひとつ、気になることが・・・。


過去問って載せた方が良いですか?


テキスト内の各記述に対しては過去問番号を振ってますので、過去問と同期させやすいかと思いますが・・・。
個別に過去問ページって要るかなぁ・・・と。


もし、載せるなら、肢別にして、同じ論点の問題は1つにまとめ、出題可能性が極めて低い問題は省く、と言った形で、過去問の論点だけをさら~っと短時間で確認できるような感じにしようかなと思っています。


う~ん。どうしよう(@_@;)



*・゚(n‘∀‘)η゚・*


にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
猫吉的答練・模試論(その2)
2010年11月22日 (月) | 編集 |
今日は忙しくて今やっとこさ昼休み(?)です(@_@;)


司法書士会のレポートは、なんとか終わりました。
今さっき直接本会の事務局まで提出に行ってまいりました(^◇^)
いやぁ、ぎりぎりセーフです。



昔から8月30日がとても憂鬱な子だったもので・・・えぇ。
察してください(@_@;)



猫吉的答練・模試論の続きです。
ちょっと他にも作業がありまして・・・今回は手短に<(_ _)>


答練・模試について、僕の個人的意見をたらたらと垂れ流してゆくこの企画、第2回です。
本当に、僕の個人的な意見・感想ですので、参考程度にとどめて下さいまし((+_+))


前回は、受験生の段階には大きく分けて3段階あるというところで話が止まっていましたので、その続きです。(前回の記事は、こちらをご参照下さい<(_ _)>)



まず、答練・模試を受講するに当たっては、自分はいったい答練・模試を受講する事によって何を得ようとしているのか、目的を定めた方が良いと思います。


こう言うと、箇条書きにして厳格に定めないといけない・・・と言った印象を受けますが、だいたいの目的で良いです。受講中に変更する事も多々あると思うので。



このあたりは完璧主義になる必要はないです。(完璧主義は、たとえば記述式のメジャーひな型を完璧に覚えるとか、そのあたりで発揮していただければ十分かと思います。)



僕の場合、目的としては、ペースメーカーとして受講していました。
常に意識していたことは、毎週、一定の日に試験形式で実践される答練で、目標点数(僕の場合は常に満点狙いでした)を何が何でもとってやる、と、毎週末に本試験が待ち構えていると思いこみ、勉強していました。


一般に言う、ペースメーカーはたぶん・・・「勉強計画のためのペースメーカー」という意味合いだと思うのですが、僕の場合、「起爆剤としてのペースメーカー」でした(笑)
常に本試験1週間前モードで勉強できたので、これは大きかったかなぁと思います。


と、話が脱線してしまいました(――〆)
段階別の答練・模試の受講の要否について、簡単にまとめると、こんな感じです。

第1段階(初学者):答練・模試を受講するよりも、講義・過去問の消化を優先させるべき。
第2段階(中上級者):原則として答練・模試を受講した方がよいが、場合によっては模試だけでも良い。
第3段階(合格レベル):原則として模試だけで十分だが、場合によっては答練を受けても良い。




まず、第1段階の方は、答練を受講するよりも受講中の講義を消化した方が良いでしょうし、過去問をある程度できるようになっていない状態で答練・模試を受講すると合格への勉強方法がブレる可能性が大ですので、受講しない方が良い、と思います。


と・・・・
来月、とある予備校で、とある講座を担当させていただくことになりまして・・・
そのテキストの作成作業に忙殺されておりまする・・・



どんなテキストか?ですって?


一言で言うと、


猫チェ


です(笑)


今日か明日くらいには詳細をお届けできるかと思いますので、期待していただけたらいいなぁ・・(--〆)


*・゚(n‘∀‘)η゚・*


にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
課題やらなきゃ・・・と、猫吉答練の解答
2010年11月20日 (土) | 編集 |
こんばんは♪

僕は兵庫県司法書士会に所属することになるので、兵庫県会の研修を受けるのですが・・・
その研修が今月の27日。


で、申し込みが22日(必着)。


が、未だに申し込みができていない・・・。
22日に直接本会に持っていく必要がある・・という極めてぎりぎりの状況です。


何故か?

申込用紙だけならそりゃすぐに出してましたよ。


「あなたの司法書士像」


このテーマで800字以上のレポート書き、一緒に提出しなければいけないのです。゚(゚´Д`゚)゚。


と、言う訳で今から必死こいて書きます・・・はい。



先日アップした猫吉答練の解答・解説です♪


みなさま、ほんとうに優秀な方ばかりですね(´∀`)


皆様大正解です!!


答えは(2)です(`・ω・´)


以下、問題文と解説です。



次の(ア)から(オ)までの記述のうち、正しいものを選んだ場合、正しい組み合わせはどれか。

(ア) 財産分与協議成立後、離婚した場合の登記原因日付は「離婚協議の成立の日」である。 

(イ) 取締役会設置会社において、株式会社と取締役の利益相反となる売買契約が締結された後、取締役会で承認決議がされた場合の登記原因日付は「当該売買契約の日」である。

(ウ) 旧受託者の任務終了後に新受託者が就任した場合の受託者更迭による所有権移転登記の登記原因日付は、「新受託者の就任日」である。

(エ) 旧代表者が死亡した後に新代表者が就任した場合の委任の終了による所有権移転登記の登記原因日付は、「新代表者の就任日」である。

(オ) 民法第646条2項による所有権移転登記の登記原因日付は、「受任者が所有権を取得した日」である。



(1)アイ  (2)イエ  (3)ウエ  (4)ウオ  (5)エオ





(ア) 誤り

財産分与はあくまで、離婚が成立している事が前提で、効力が生じますので、その原因日付も、協議成立の比ではなく、離婚成立の日となります。


なお、離婚が成立した後に、財産分与協議が成立した場合、その原因日付は財産分与協議成立の日となりますので、この点もご注意ください。


ついでに、財産分与を原因とする場合の農地法の許可の要否についても確認しておくと良いかと思いますので、蛇足ながら・・・


・協議による財産分与の場合 → 農地法の許可が必要
・裁判所が絡んだ場合 → 農地法の許可は不要



・・中途半端ですが・・今回はここまで・・




続きは次の記事で更新いたします( ;∀;)



*・゚(n‘∀‘)η゚・*


にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。